生徒の選抜条件




KCPE(小学校の最終成績)が500点中300点以上の成績を修めている

学校からの推薦状、本人のアプリケーションレター(願書)と写真2枚

ミコノオフィスでの面接(生徒の態度などを見るため)


生徒調査書(家族構成、なぜ奨学金が必要なのか?将来の夢など)を記入してもらう

大学および専門学校の支援は高校からの継続のみとする


新規高校生支援は女子のみとする

〜里親になってくださる方へ〜


ミコノと学生との契約内容

各学期終了時に里親に手紙を書くこと


各学期の成績表を持ってくること

学費援助は、学校から出された学費明細書に基づき支払われ、個人が希望する休暇中の補修授業、旅行費用、参考書などは含まない。

警告、援助打ち切り


成績が著しく下がった場合や総合成績がD+以下になった場合は、学校を通して学生本人に努力を促す手紙を出します。そしてその手紙を3回受け取っても尚且つ努力が見られない場合は、援助を打ち切ります。

約束である手紙や成績表を学期末終了して次学期が始まっても持って来ない場合は注意の手紙を出します。

手紙の内容が少なく、毎回同じであったり、里親を困らせる内容や本人以外が手紙を書いた場合も注意の手紙を出します。

成績表を偽造した場合は、注意、または援助を打ち切ります。

学生が行方不明になった場合は、打ち切りにします。
学生が大怪我をしたり、長期療養の病気になった場合、学校と相談し、一時的または全面的に援助を打ち切りにします。


学生が転校を希望し、学費が支援していただいている料金を超える場合や、県外の学校で連絡が取れない状況が続いた場合は、援助打ち切りとします。

里親から1年以上支援金の振込がない場合、生徒の成績、態度が良好であっても、援助を打ち切りにします。
※以上内容は学生との契約書に載せているもので、援助の打ち切りは里親のご意見も伺った上で決定させていただきます。

進学

KCSE(高校最終試験)の結果が良く、専門学校、大学の進学が決まった場合、できるだけ学費支援が継続できるように心がけています。
<支払い方法>

銀行振込でお願いいたします。
●一括払い(年間費)・分割払い(2回)
高校生の援助をして頂く方は、12月末までに翌年度の年間費の全額、または半額のお振込みをお願いいたします。半額を振り込んでいただいた方は5月中に残りの半額をお振り込み下さい。援助していただくことが決定した時点で5月を過ぎていた場合は、申し訳ありませんが、その年の全額費用を一括してお支払い下さい。
 カレッジ、大学生の援助をして頂く方は、入学時期に合わせて年間費用の全額をお支払い頂きますようお願いいたします。

●振込み先

大垣共立銀行 春日井支店(店番号037)

愛知県春日井市鳥居松町6-43-1

TEL 0568−81−8111

普通 口座番号 1036027

口座名 ミコノの会

<学生の手紙と成績表>

高校生の学期は、1学期(1月〜4月)、2学期(5月〜8月)、3学期(9月〜12月)となっており、それぞれ学期末に郵送にてお届けいたします。

したがって、里親の皆様のお手元に届くのは、2月、5月、9月になります。

専門学校、大学は、各学校により試験日が異なり、休みも異なります。専門学校になりますと、臨床実習や地方学習などさまざまな学習・研修が入りますので、手紙と成績表は必ずしも決まった時期ではなく、不定期になりますのをご了承下さい。

生徒によりましては、1年に1回のご報告になってしまうものもおりますが、卒業証書と専門学校の生徒は専門学科の資格書もお届けいたします。

<学生へのお返事の手紙>

生徒達は、里親の方がどんな方かをとても知りたがっていますので、生徒へのお返事は大変歓迎いたします。日本語で書いていただいても、こちらで通訳翻訳し、本人に渡します。

贈り物などは、ご遠慮下さい。

里親がケニアで学生に会われることがある事があるようでしたら、高価ではない学用品などが結構かと思います。
学生の写真が欲しい、手紙の和訳を必要とされる方、学生の手紙や成績表が届かないなどのトラブル等、随時ご要望、ご意見を承りますので下記にご連絡下さい。

E-mail:mikonoint@yahoo.co.jp

TEL&FAX (海外通話番号)−254-020-205-6055

ミコノの会事務局 TEL 0568−81−0388 / FAX 0568-81-0466


<ミコノへの要望・ご意見>

ミコノ奨学金案内
戻る